朝からポテチの【追いつきたいんだ】

ランナー1年生のRun Girls, Run!応援の活動備忘録です

とびきりの笑顔で

 

大切なお知らせ

メンバーが怪我をした。

私がRun Girls, Run!を知ってから、初めてのことかもしれない。1年間情勢に振り回され、ついに決まった念願の4周年ライブは延期となった。理由は明確にはなっていない。もちろんメンバーが怪我をしているので、万全の状態で大事なイベントを迎えるためだろう、しかし、昨今の情勢を鑑みた結果ももちろんあると思う。突然のお知らせに、狼狽える界隈。悲しみの声。しかし、そこに心配する声はあっても、メンバーを非難する者は誰一人としていなかった。誰一人として、だ。この時のためのように用意されたTwitterアカウント。メンバーのコメントを、待つ。永遠にも感じられる長い時間。

かける言葉を考えていた。どうしたら傷つかずに声をかけられるか、どうしたら心配させずに応援できるだろうか、自分の言葉が枷にならないだろうか、追い詰めてはしまわないだろうか、

がんばってと簡単に、言えないよ

ふと過ぎる歌詞。どう言葉にしたら……

そう考えていた。さっきよりも短い永遠。通知が鳴る。

 

スーパーつよつよRGR

はやまる………思わず胸が熱くなる。こみあげる。思ってもいなかった言葉が飛び出る。

スーパーつよつよ!RGR!こ、この!この前向きさ!!!

はやまるが一瞬でお通夜タイムラインの空気を変えてくれた。

あぁ、推しってなんて尊くて、眩しいんだろう、そうだ、showroom配信だって、このお知らせを知りながらだというのに、それをひとつも察させることなく、笑顔でいられるなんて、なんてすごいんだろう、プロなんだ。悲しい時も笑っていられる、笑顔を振りまいてくれる、それが林鼓子の、強さなんだ……。

 

 

心配だけど、迷惑なもんか……………あっちゃんのバカ……でも、思ったよりも元気だった。よかった。Twitterにいない間、どれだけ塞ぎ込んでしまったのだろう。もう落ち込みきった後で、上を向いたのかもしれない。何より元気そうでよかった。必要以上に塞ぎこむ必要なんてないんだ。責める人などどこにもいない。

きちんと、自分の精一杯の言葉を送れた。きっと、届いたと思う。言葉にすると、思わず泣いちゃうな。伝えたい言葉はきちんと伝えられた、けど、この想いはちゃんと、届けたい。

お手紙にしよう。リリイベで渡せたはず。あっちゃんは来れないけど、あっちゃんに届けてくれるはず。

2人にも、きちんと伝えよう、元気でありがとうと。

 

おわりに

正直、あっちゃんの怪我が無かったとして、延期の判断も有り得た。これから8月の22まで、空振りの緊急事態宣言は続くだろう。なぜなら、それしか出来ないからだ。ワクチンの摂取率も時間と共に増えていく。重症患者は激減している。しかし、感染者は増える。まだ私たちは、「感染者が増えてもいい」という認知にはなっていない。コロナがインフルエンザ扱いされるまで半年、1年はかかるだろう。ワクチンを打った後も、マスク生活は続くだろう。オリンピックはどんどん規模を縮小していく。感染者は増えていく。オリンピックが取った措置に後続のイベントも従わざるを得ない雰囲気が生まれる。中止して欲しい気持ちもあったが、中止したら後続のイベントは開催できるだろうか、8月、どうなっているのか予想もつかない。Run Girls, Run!のライブは無事開催できただろうか、もし明確な判断がないまま延期の措置が直前で取られれば、私たちは運営を非難するだろう、もしかしたら、開催しても、当日足を運ぶ人は少ないのかもしれなかった。あっちゃんの怪我は不幸かもしれないが、準備の期間は増えたのだ、やり直せるのだ。一度はあげた拳を降ろせたのだ、今、延期を判断できることは、ほんとに最善の選択だと思う。誰も責めないだろう。

あらゆる逆境は美談に、試練は物語となる。走り続ければ続きはある。

振り返ればそれは1本の道。

ならばいっそ前を向いて、進む一歩は、笑顔でいよう。

 

とびきりの、笑顔でいよう。

 

 

この日はRun Girls, Run!の歴史の転換点となると思いました。この日のことを絶対に忘れたくない、振り返り、笑い泣き会いたい、そのときのために、今この一瞬の時間を、空気を、閉じ込めました。よかったら、あなたの感想を、気持ちを、マシュマロに込めて投げてください。

marshmallow-qa.com